イベント情報

解体後、状況を再度確認の上

いよいよ家づくりに向けての工事になります。

ここからは大工さんの出番。

 

床も天井も下地から作り直し。

床は状況にもよりますが、今回は根太をすべて組直しです。

   

 

木材の劣化や変化によって、使える使えないがあります。

また、長年のくせで捻じれや歪みも発生します。

そうなると新たに仕上げをしても歪んだ壁になってしまったりします。

垂直や平衡を確認しながらの下地作業が結構、重要なんです。

新築とは違った難しさ。状況と先を読む経験と知識が必要です。

カテゴリー:現場

中野区江原町にある集合住宅

 

玄関にある集合ポストが老朽化し、使い勝手が悪いことから

新たなものに交換する事に。

 

before

 

After

今のご時世、宅配BOX付が必須ですね。

住人さんたちの使い勝手が良くなりますよーに。

 

カテゴリー:現場

解体工事が終わると大工さんが入る前に

先行して給排水設備工事が行われます。

一般的には水道屋さんであり、水道工事ですが

建築業界では設備屋さんであり、給排水設備工事と呼びます。

 

ご存知の方も多いと思いますが

今は塩ビ管やポリ管(ポリエチレ管)を使います。

ポリ管のピンクは給湯・青は給水となっています。

 

表にでないところを先に進めて、次の工事に引き継ぎます。

カテゴリー:現場

いよいよ解体工事スタートです。

ただ、解体といってもどんどん壊していい訳ではなく

残すべきところはちゃんと残さないといけませんから

慎重にすすめます。

床をめくると下は土。

まあ、このぐらい築年数だと普通ですね。

真ん中のくぼみは掘りごたつ後。

  

浴室はやっぱり木材は腐っていました。。。

 

根太や大引きもかなり傷んでるので

必要なところは新たに組んでいきます。

 

カテゴリー:現場

中野区の本町にて掃出し窓の先に

バルコニーを取り付ける工事をしました。

 

大きな窓から物干しに洗濯物を干せることができたのですが

最近、足元が心配と一歩踏み込んで干せるように。

 

工事前

工事後

 

ついでに布団もの干しやすくなり

防犯的にもよくなりました。

 

 

カテゴリー:現場

目黒区大岡山でリフォーム工事、始まります。

 

築40年以上経っています。

そして、実はこの40年前に新築したのが大栄工業なんです。

 

時間を経て、世代交代しても

お声かけ頂けることに感謝です。

 

いい仕事をしっかりと継続していきたいと思います。

 

↓工事前

  

 

 

カテゴリー:現場

柿の木坂で剪定工事

 

お庭の植栽が大きくなったのでお手入れです。

作業前 結構なボリュームです

下の写真だと分かりにくいですが

左からヒメシャラ・ヤマボウシ・ソヨゴです。

 

 

作業が始まると植木屋さんは早い!

でも適当に枝を落としている訳ではなく

次に伸びてきたときの枝ぶりを想定しています。

お施主さんの要望で限りなく小さくなりました。

でも、間違いなく成長しますから心配ありませんよ。

 

カテゴリー:現場

お問い合わせ・資料請求・見学会の申し込みはこちら

ページトップへ
ページトップへ