イベント情報

解体後、状況を再度確認の上

いよいよ家づくりに向けての工事になります。

ここからは大工さんの出番。

 

床も天井も下地から作り直し。

床は状況にもよりますが、今回は根太をすべて組直しです。

   

 

木材の劣化や変化によって、使える使えないがあります。

また、長年のくせで捻じれや歪みも発生します。

そうなると新たに仕上げをしても歪んだ壁になってしまったりします。

垂直や平衡を確認しながらの下地作業が結構、重要なんです。

新築とは違った難しさ。状況と先を読む経験と知識が必要です。

カテゴリー:現場

お問い合わせ・資料請求・見学会の申し込みはこちら

ページトップへ
ページトップへ